1. B.A

肌は、何度でも生まれ変わる。※1

ポーラ生命科学研究の最先端の成果。
それが、ポーラ最高峰ブランドB.A。
肌の誕生因子のひとつ「バーシカン」。肌がはじめて生まれる
メカニズムに着目し、新次元の「バイオアクティブ理論」を確立しました。
肌は、何度でも生まれ変わる。さあ、生命感あふれるような「立体艶※2」へ。
「発見」が、世界を美しくする。

B.Aの真髄、バイオアクティブ理論。

肌の中で生きる細胞のひとつひとつの力を、最大限に引き出してこそ生まれる真の美しさがある。
その揺らぐことのない考え方こそが、B.Aの真髄「バイオアクティブ理論」です。
B.Aは、これからも、生命科学研究の最新の成果を注ぎ込み、「バイオアクティブ理論」をさらに進化させ、
究極の生命美をめざしていきます。
世界を一新する美のあり方を提案していくブランドとして。B.Aは、さらなる革新へ。

つねに美の革新であること。
B.Aの使命は、ずっと変わらない。

生命がもっとも美しく輝くあり方にこそ、真の美しさがある。
その理想を追い求めてきたB.Aは、いまやポーラを代表するブランドとして
愛されるようになりました。いつまでも美しくありたい。
そう願うすべての女性たちに「美の革新」を届けつづけていく。
ポーラ最高峰ブランドの名にふさわしい品質とともに、
B.Aは、これからも挑み続けます。まだ知らない真の美しさをめざして。

業界に先駆けて、
「真皮」に着目した第1世代。

1985年、B.Aは、業界に先駆けて肌の土台である真皮に着目、
「バイオアクティブ理論」を提唱しました。
そして、新感触の「水のクリーム」として誕生。
美の革新の歴史が、ここからスタートしたのです。

理論も使用感も、
さらに進化した第2世代。

1996年、B.A第2世代は、
細胞のみならず、細胞の周りの環境にも着目した
「スーパーバイオアクティブ理論」に進化しました。

より積極的な
エイジングケアの理論、第3世代。

2003年、B.A第3世代は、細胞の質に着目。
真皮の中で線維芽細胞がコラーゲン線維としっかり
接着していたことに着目した「ダイナミックバイオアクティブ理論」。
より積極的なエイジングケアの理論を提唱していきました。

ベストコスメ116冠※3を達成。
肌全域※4をエイジングケアする第4世代。

2009年、B.A第4世代は再び、細胞の周りの環境に着目。
世界初、糖化によってできる老化物質「AGEs(エー・ジー・イー)」を
取り除き、肌全域をエイジングケアする理論へ進化した
「オールエリアバイオアクティブ理論」。
ライン強化で、さらなる高みへ。

肌誕生メカニズムに
着目した第5世代。

誕生30年を迎えた2015年。B.A第5世代は、肌の誕生メカニズムに
着目した、新次元「ジェネシスバイオアクティブ理論」を確立。
その美の革新の歩みは、これからも止まることを知りません。

  • ※1 角層のターンオーバーのこと。
  • ※2 うるおい効果による艶感で立体的に見せる。
  • ※3 2009年〜2015年ベストコスメ累計獲得数。
  • ※4 角層まで
  • *美白:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ
  • *エイジングケア:年齢に応じた化粧品等によるお手入れのこと
  • *くすみ:乾燥やキメの乱れなどによる

関連コンテンツ

ページの先頭へ