ポーラの企業理念や男女関係なく自分らしくキャリアを築いている社員に魅かれ、ブライダル企業から2018年に
転職を決意。プライベートでは、趣味の音楽や美味しいお店開拓をしながらも、webや雑誌、SNSなど生活者を含む
多様なメディアから業界内外の情報収集に努めている。

「ポーラ」の企業プレゼンスを高めるための新たな挑戦

「ポーラ」の企業プレゼンスを
高めるための新たな挑戦

現在私は、コミュニケーション戦略部(現・ブランドクリエイティブ部)のPR企画チームで、テレビ・新聞・web・SNSなど様々な媒体のPRを担当しています。具体的には、前職での広報・PRの経験を生かしたポーラ製品のPRやメディアとのリレーション作りなどに加えて、ブランドだけではなく企業としての「ポーラ」のプレゼンスを高めるためのコーポレートPRなどが主な仕事です。特に印象に残っているのが、新体操フェアリー ジャパン ポーラ(FJP)のスポンサー活動において選手の「美しさ」を支え続けている「美容コーチ」に焦点を当てた掲載、テレビ放映を実現したことです。

「ポーラ」の企業プレゼンスを高めるための新たな挑戦

ポーラは2007年より、夢に向かって頑張る人を応援したいという想いからFJPのスポンサー活動を行っています。私は、縁の下の力持ちである「美容コーチ」の存在をより多くの人に知ってもらいたいと思い取り組みました。スポーツにおいてメディアが掲載する内容のほとんどは当然ながら選手にフォーカスしたものなので苦戦もしましたが、チームや関連部署の方々と連携しながら、「美しさ」を競う表現スポーツにおける美容やメークの大切さ、そして美容コーチがどんな想いや工夫を重ねてメーク開発や日々のサポートをしているのかをビジュアルと具体性あるメッセージでわかりやすく発信するなど、試行錯誤したことで、取材いただける機会を得ました。このことは、ポーラのブランドイメージ調調査内において、ターゲット認知や好意度アップへもつなげることができ、企業としてのプレゼンスを高めることにも貢献しました。

全員で「目指すべき姿」に向かって走るPR企画チーム

全員で「目指すべき姿」に向かって走る
PR企画チーム

ポーラのPR企画チームの仕事は、常に連携が大切です。事前の情報収集・構築段階から、発表会、キャラバン、取材対応などの情報発信まで、すべてにおいてチームや関連部署との密なコミュニケーション無しには成り立たないからです。1つの新製品発表会を行うにも、ブランドチームや研究員、コミュニケーション企画チームのメンバーと連携しながら何か月も情報構築に取り組み、議論を重ねることで、アイデアをブラッシュアップさせることができます。発信する言葉の細部まで責任をもち、演出もとことんこだわりぬくので、毎回発表会前は部活の試合前のような緊張感があります。その結果、発表会当日に多くの方へ魅力が伝わりご好評いただけたときには、全員でやり遂げたという大きな達成感がありますし、さらに市場、お客さまからご評価をいただけたときには1人ひとりの仕事のやりがいにもつながっています。PRの仕事は正解も終わりもないからこそ、これからも時流を掴みながら、変化に柔軟になり、チームで協力しながらその時のベストオブベストな情報を届けていきたいです。

また、チーム外においても、全くの異業種からポーラに入社した個性豊かな同期がいて心強いです。驚いたのですが、ポーラはキャリア採用で入社しても研修の機会があり、同期でつながる場を設けてくれます。同期からさらに社内でのネットワークも広がるので、他部署と連携が必要な仕事もスムーズに行うことができます。

すべての人が自分らしく可能性を拡げ、輝ける社会を目指して

すべての人が
自分らしく可能性を拡げ、
輝ける社会を目指して

「年齢も性別も関係なく、すべての人が自分らしく可能性を拡げ、輝けるための1歩を創りたい」これが私の目指すビジョンです。ポーラは化粧品会社でありながら、「化粧品」の枠を超えて、1人ひとりの生き方をエンパワーメントしたい、応援したい、前向きに歩む力になりたいという想いが根付いており、自分のビジョンとも共通する点があり魅力を感じています。

すべての人が自分らしく可能性を拡げ、輝ける社会を目指して

先日ポーラのビジネスパートナーである99歳(当時)のビューティーディレクター(BD)の方が、最高齢のビューティーアドバイザーとして世界初のギネス記録認定を受けるという大きなニュースがありました。私もPR担当として取材に何度か同席したのですが、まさに年齢関係なく前向きに挑戦をし続け、自分らしく輝いている女性で、その方と話すと誰もが元気をもらえて、感動したのを今でも覚えています。最近では、「女性役員比率40%の企業」として取材いただくなど、ポーラのダイバーシティ推進の取り組みをメディアにとりあげていただける機会も増えてきました。創業以来、女性の活躍を応援し続けてきたポーラですが、これからは年齢や性別関係なく多様な生き方を尊重し、誰もが自分らしく可能性を拡げていける社会を目指していきます。私自身もPRパーソンとしてこのビジョンを胸に刻みながら、様々なメディアやその先の生活者、お客さまの心を動かすようなニュースを届けられるよう努め、ポーラのファンを増やしていきたいです。