「美しさで世の中を前向きに」という軸で就職活動をし、ポーラの「Love」を大切にする姿勢に共感し、
入社を決める。休日は3歳から続けているバレエの発表会に出るため、練習に励んでおり、
プロのダンサーとの発表会と仕事の両立をしている。

発信し続けたことで、信じて任せてもらえた!

発信し続けたことで、
信じて任せてもらえた!

私は新入社員研修を経て、商品企画部のB.Aハイプレステージチーム(現・ブランドクリエイティブ部メーク開発チーム)に配属となりました。B.Aは1985年に誕生して以来常に進化し続け、多くのお客さまに愛され市場からも評価を頂いているポーラ最高峰ブランドです。

しかし、私はB.Aのポイントメークラインである「B.Aカラーズ」について、誕生して間もないこともあり、ブランドの良さを市場やお客さまに充分に届けられていないのではないかと感じていました。B.A のスキンケア同様、「B.Aカラーズ」の認知度をもっと高めていきたいとミーティングや日頃のコミュニケーションで、強く発信し続けていたところ、配属から約半年後、「B.Aカラーズサマーコレクション(春夏シリーズ)」の主担当を任せてもらうことになりました。とても嬉しかったのと同時に「本当に任せてもらえるんだ」と驚いたのを今でも覚えています。

発信し続けたことで、信じて任せてもらえた!

上長や先輩方が私の可能性を信じてメークブランドの主担当にしてくださったことは、入社の決め手の1つであった「ポーラは年齢や肩書に関係なく、1人ひとりの可能性を信じて任せてもらえる環境」を実感できた瞬間でした。

ポーラの独自価値をポイントメークならではの方法で発信することで「B.Aカラーズ」のプレゼンスを向上させ、さらには「B.A カラーズ」がきっかけでB.Aブランドに興味をもっていただけるのではないかとワクワクしています。ポーラ最高峰ブランドのポイントメークとして、多くのお客さまに愛されるブランドにしていきたいです。

頭でも心でも考え続けることで、新しい価値は生まれる

頭でも心でも考え続けることで、
新しい価値は生まれる

ポーラの商品企画部(現・ブランドクリエイティブ部)の仕事は、企画や分析といった一般的なマーケティングスキルに加えて、1人ひとりのお客さまを想像する力が大切です。なぜかというと、機能性はもちろん、お客さまの心を豊かにし、気持ちを前向きにする情緒的な価値を創り出すことをポーラでは大切にしているからです。だからこそ、常に「なぜ」と「どうすべきか」を繰り返し、粘り強く考えることと同時に、お客さまに製品を使うことでどんな気持ちになっていただきたいか、感性を生かして考えることが必要です。私もまだまだ磨き続けている途中ですが、この仕事を通じて、頭でも心でも考えるスキルが身についていると感じています。

また、上司からの「商品企画の仕事は、成功したら皆のおかげ、失敗したら自分のせい」という言葉を今でも覚えています。商品企画の仕事は、1人では成り立ちません。研究所や工場、本部のマーケティング・管理部門など、製品をお客さまに届ける方々まで、その製品に関わる人全員の力を合わせることではじめて成り立ちます。一方で、企画者1人の意志や判断が企画全体に大きな影響を及ぼすものでもあります。日頃から製品に関わる方々とのコミュニケーションを密にとり協働していく楽しさを感じながらも、企画者の及ぼす影響の大きさを忘れずに関連部門に発信できるよう常に成長し続けていくことが求められる、とてもやりがいのある仕事だと感じています。

化粧品で人の生き方や人との関係性も良くできる社会をつくりだしたい!

化粧品で人の生き方や
人との関係性も良くできる
社会をつくりだしたい!

私は、「1人の人が美しくなることでその方の生き方そのものが変わり、周囲にも好影響を与え “美しさや幸せの輪”が広がっていく社会」をポーラで実現したいと思っています。なぜかというと、自分だけが美しくなる社会よりも互いに高め合い双方に良い影響を与えていける社会の方が、より新しい価値が生まれていきますし、純粋にそのような未来を想像すると私自身がワクワクしたからです。

化粧品で人の生き方や人との関係性も良くできる社会をつくりだしたい!

私は、今後男女問わず1人ひとりが、外見の美しさだけでなく、心や生き方の美しさを求める人が増えていく世の中になっていくと考えています。まさにポーラは外見だけでなく、「人」の生活や人生にまでも良い影響を与えることをゴールにしている企業です。そして、創業当時からの人を想う気持ち“Love”と、人の肌のみにとどまらず、可能性を拡げることを目指して研究を深め続ける “Science”があるため、実際に人の生き方までを美しくできる企業だと思っています。実際、スキンケア品の開発の際に、モニターの方々が「肌が綺麗になったのが嬉しくて新しいことをはじめてみた!」「朝スキンケアした後、今日も一日頑張るぞ!という気持ちになった」と言ってくださり、ポーラの「Love(想い)」と「Science(技術力)」が人の生き方を変えることを実感できました。私はポーラで自身の目指す社会を実現したいと思いますし、これからも、個性と個性の化学変化で、私たちにしかできない革新を生み、市場や社会に新しい価値を創り出していきたいと思います。