POLA

ポーラとスマイルズはトークショーを介して新たな出逢いと体験をお届けするイベント「POLA TALKER’S MUSEUM × MEET@TALK」を開催します。
「Playful Crossover」をコンセプトに様々な分野で新たな試みを続けるアーティストをゲストに迎え、これまで誰も経験をしたことがないようなユニークなトークショーを行い、美しくあるための感性を刺激する体験を提供します。

イベントアーカイブ

POLA×PAVILION×Open Reel Ensemble&小林うてな

#1 “~触れればテープが歌い出す~”

第1弾のゲストは、歴史的役割を終えたオープンリール式テープレコーダーを楽器として演奏を行う「Open Reel Ensemble」と新進気鋭のソロアーティスト「小林うてな」
当日は両アーティストによる一夜限りのスペシャルセッションを楽しんだ後、Open Reel Ensemble直接のレクチャーのもと、参加者全員でオープンリールを演奏しながら一つの曲を演奏するというライブ体験を実施。参加者からは「プロのアーティストとの共演やオープンリールの演奏から音楽の新たな側面を発見出来た」と、盛況のうちに幕を閉じました。

POLA×PAVILION×フタバフルーツ

#2 “~フルーツのある日々~”

第2弾のゲストは創業77年の老舗の果物屋「フタバフルーツ」
町の果物屋の衰退、フルーツの消費量低下が加速する現代において、既定の枠を出たユニークな取り組みを続ける、同社三代目社長の成瀬大輔氏。イベントでは、「フルーツをより日常的なものとして楽しんでほしい」という想いの下に、レストラン“PAVILION”がすべての皿にフルーツを使用した、一夜限りのフルーツコース(ご自宅で作れるレシピ付き!)や、参加者がグループになり、フルーツにまつわるクイズなどに挑戦し大盛況となりました。

POLA×PAVILION×北原 徹

#3 "〜1つのページが出来るまで〜"

第3弾のゲストは、「北原 徹」
「anan」や「POPEYE」などを手掛けてきた経歴をお持ちの北原氏がマガジンハウスより独立。ファッション雑誌に限らず紙媒体の全体発行部数が減少する中、今までとは違った方法論で2016年に「PLEASE」という全く新しい雑誌を創刊。イベントでは、特別に雑誌「PLEASE」が作られているその舞台裏を現在進行形で公開。PAVILIONを舞台としてヘアメイクから撮影を実施。モデルは勿論、プロのメイクアップアーティストやスタイリスト、ページデザイナーが参加して5カット計10ページを約3時間で完成させ、参加者からの雑誌の編集にまつわる様々な質問に応えながら、盛況のうちに幕を閉じました。

POLA×PAVILION×永松 真依

#4 "〜鰹節のこと知ってる? ”五感で楽しむ鰹節”〜"

第四弾のゲストはかつおちゃんこと「永松真依」
帰省中に博多の祖母が朝ごはんに鰹節を削り、出汁を取り、お味噌汁を作ってくれた丁寧な暮らしに心を打たれ、それ以来、鰹節の魅力を伝える活動を行う。今回は、1880年代から続く西伊豆の鰹節の生産者である芹沢 安久氏もゲストとして登場。
芹沢氏による鰹の解体ショーをはじめ、かつおちゃんの様々な種類の鰹節削り、PAVILIONシェフによる鰹節料理から鰹をモチーフにしたかつおメーク体験に至るまで、鰹をめぐる多彩な体験で驚きに満ちた時間となりました。

POLA×PAVILION×SARASA

#5 "〜世界を旅するタコス〜"

第五弾のゲストはタコス協会代表理事「SARASA」
世界的にDJとしても活躍されているSARASA氏は「タコスをもっと日本でベーシックなフードカルチャーにしたい!」という思いから2018年にタコス協会を発足。
今回はメキシコ大使館の協力も得て、歴史7000年ともいわれるタコスの奥深さや、様々なアレンジを現代的に楽しめる面白さを体感。好きなものを包んで食べるというシンプルな食体験に加え、メキシカンイメージのメーク体験など自由な時間で、発見と活気のある空間となりました。

POLA×PAVILION×野村由芽 竹中万季 永原真夏 吉開菜央

#6 "〜わたしたちの健康〜"

第六弾のゲストは、コミュニティメディア「She is」
女性が人生を選択するときに迷ったり悩んだりするようなテーマを中心に、毎月特集を深めているShe is。今回、そのShe is から竹中万季氏・野村由芽氏をゲストに迎え、今の時代における「健康」をテーマに、POLA、PAVILION、She isそれぞれの角度で体験。PAVILIONシェフの料理を通して「健康」と「不健康」との境目を楽しんだり、She isによる『She is BookTalk』では、ゲストが選定する本を通して精神的・社会的な視点から「健康」を捉えてみたりと、日常的なテーマを深く味わうオアシスが生まれました。
さらに『She is BookTalk』には、ヴォーカリスト永原真夏・ダンサー吉開菜央両氏がゲストとして登場。ライブや映像作品とリンクしたストレッチなど、両氏のパフォーマンスにより、「健康」の多様なかたちを感じとる貴重な機会となりました。

ページの先頭へ