フェアリー ジャパン POLA サポート活動

2017年 団体選手メーク

2017年のメークテーマは『Temptation Beauty(誘惑メーク)』。
「強い気持ちで、舞台に立ってほしい」という美容コーチの思いを込めて、メークパターンを考案しました。
団体メークでは、1本の太いラインで描くフェアリー キャットラインで力強さを表現し、新カラーライナーをあわせることで、まなざしの強さと女性らしいしなやかさをアップしました。メンバーがまるで5つ子に見えるよう、個人差のある目元はアイラインで調整。15メートル先にいる審判員にも美しくアピールします。

杉本早裕吏選手

杉本早裕吏選手メークBEFORE BEFORE
杉本早裕吏選手メークAFTER AFTER
団体選手アイメーク

アイメーク

【フェアリー キャットライン】
「フェアリー ジャパン POLA」のメークのトレードマークであるフェアリーラインをシャープなイメージのキャットラインに変更。目尻を少し跳ね上げたラインにすることで目もとを大きく強調しています。

【カラーライン】
最近の流行でもあるカラーラインを取り入れて、選手の気分もアップ。黒1色だけではなく2017年世界大会開催国であるイタリアらしい深いモスグリーンのカラーラインを下まぶたにも使用することで女性らしいしなやかさと深い眼差しを表現しました。

【ダブルアイライン】
目力をアップさせるため、上まぶたにダブルアイラインを採用。個人差のある目もとを鯛整する役割も。

【アイカラー】
ブラウンを使用。カラーライナーを引き立たせるように表現しました。掘りを深く見せて立体感を出しています。
団体選手フェイスカラー

フェイスカラー

オレンジのチークをほほ全体に入れることで、健康的な女性の印象に仕上げています。
団体選手リップカラー

リップ

昨年のジャパニーズレッドよりも、やや明るい赤を使用。明るいライトを全面に浴びる大舞台に立つ選手の顔色をよりよく魅せ、白く美しい肌を引き立てます。