フェアリー ジャパン POLA サポート活動

2017年 個人選手メーク

2017年のメークテーマは『Temptation Beauty(誘惑メーク)』。
「強い気持ちで、舞台に立ってほしい」という美容コーチの思いを込めて、メークパターンを考案しました。
個人メークでは、選手一人ひとりの魅力を引き出すメークパターンを開発し、15メートル先にいる審判員にも美しくアピールします。

皆川夏穂選手

クールなブルー系のアイカラーを使用し、皆川選手の持つ美しい透明感を引き立たせます。力強くはね上げて描くフェアリー キャットラインで目元にしなやかさと力強さを与え、これまでとは違う小悪魔な女性を表現しました。色調整を何度も重ねた透明感のある白い肌を美しく魅せるコーラルベージュのリップで、曲調によって変化する選手の表情を審判員へアピールします。

皆川夏穂選手メークBEFORE BEFORE
皆川夏穂選手メークAFTER AFTER
個人選手アイメーク

アイメーク

【アイカラー】
鮮やかに発色するブルーを採用。ダークカラーに細かいラメの入ったネイビーを使用することで、きりりと締まった印象の目もとに。皆川選手も、「使用すると気分が上がる、試合モードになる」というブルーのアイカラーは、自信をくれるアイテムです。

【フェアリー キャットライン】
キャットラインは目尻をキュッとはね上げて描いたラインが特徴です。目もとの印象を大きく変えて、これまでとは違う小悪魔な女性を表現しました。
個人選手フェイスカラー

フェイスカラー

ピンクベージュのチークをほほ全体に入れることで、ナチュラルな血色感に仕上げています。
個人選手リップカラー

リップ

透明感のある白い肌を美しく魅せる、コーラルベージュのリップを唇全体に。鮮やかな目もとをより際立たせ、主張しすぎない上品な大人っぽさを表現しました。

早川さくら選手

選手からのリクエストで、全体のトーンをブラウンでまとめました。骨格に沿ってベースメークを作りこみ、少しダークな色味のチークを入れることで、立体的でシャープな印象に仕上げています。早川選手の持つ、クールでハンサムな大人びた顔立ちを引き立たせながら、女性らしいセクシーさも感じさせるメークです。

早川さくら選手メークBEFORE BEFORE
早川さくら選手メークAFTER AFTER
個人選手アイメーク

アイメーク

【フェアリー キャットライン】
キャットラインで引き上げたアイラインは印象的な切れ長の目もとを作り出します。

【カラーライン】
目頭の下側にゴールドのラメラインをポイントで入れることで更に目力をアップ。一度見たら目が離せなくなるような目もとを目指しました。

【アイカラー】
グレーのアイカラーで目尻に向けて濃くなるグラデーションにすることで、伏せた目も横顔も色っぽく演出しています。
個人選手フェイスカラー

フェイスカラー

骨格に沿ってブラウンカラーをベースに仕込み、立体的でシャープな印象に仕上げました。ローズチークを重ねることで内からにじみ出る女性らしさも表現しています。
個人選手リップカラー

リップ

リップは、団体選手と同じ明るいレッドを採用。艶のある大人の女性の魅力を演出します。

喜田純鈴選手

艶のある赤いリップを使用し、情熱的な表情を引き立てます。眉は目力を強調させるためには欠かすことのできない重要なポイント。目元のバランスを考慮し、太めでアーチ状に描くことで大人らしい女性を表現しました。

喜田純鈴選手メークBEFORE BEFORE
喜田純鈴選手メークAFTER AFTER
個人選手アイメーク

アイメーク

【フェアリー キャットライン】
キャットラインで引き上げて、印象的でパワーのある目もとを作り出します。

【アイカラー】
ブラウンのアイカラーで、目尻が濃くなるようにグラデーションを入れました。少し赤みのあるブラウンは女性らしい印象を与えます。
個人選手フェイスカラー

フェイスカラー

ローズのチークをほほ全体に入れることで、大人っぽく血色感のある印象に仕上げています。
個人選手リップカラー

リップ

リップは、団体選手と同じ明るいレッドを採用。艶のある大人の女性の魅力を演出。情熱的な表情を引き立てます。