1. お客さまサポート
  2. 化粧品について
  3. スキンケア

Q. 「B.A アイゾーンクリーム」と「リンクルショット メディカルセラム」との違いを教えてください。
「B.A アイゾーンクリーム」は、複合的なお悩みが多くみられる目もとに着目し、ケアをするアイテムです。「リンクルショット メディカルセラム」は、日本初承認のシワを改善する薬用化粧品です。
目もと悩みには「B.A アイゾーンクリーム」がおすすめですが、あわせて使用していただくことも可能です。

※日本初承認:シワを改善する医薬部外品として2016年7月に初承認された製品
※シワ改善:日本香粧品学会で定めた、新効能の取得のための抗シワ製品評価ガイドラインの評価基準において、有意性が得られました。
Q. 「リンクルショット メディカル セラム」を他の美容液(エッセンス)と併用する場合の使用順は?
「リンクルショット メディカル セラム」はすべてのエッセンスの一番最後(ミルクの前)にお使いください。
美容液を複数使用する場合は、サラッとしたもの(粘度の低いもの)→こっくりしたもの(粘度の高いもの)の順にお使いください。
たとえば、 「リンクルショット メディカル セラム」と「ホワイトショット SXS」を併用する場合は、粘度の低い「ホワイトショット SXS」を先に使用、「B.A グランラグゼII」を併用する場合は「B.A グランラグゼII」を先に使用してください。
Q. 「B.A アイゾーンクリーム」と「B.A クリーム」を併用する場合、どちらを先に使ったら良いですか?
どちらもクリームですが、「B.A クリーム」は全顔用、「B.A アイゾーンクリーム」は目もと用です。
併用する場合は、目もとのみに「B.A アイゾーンクリーム」をつけた後、「B.A クリーム」を顔全体にご使用ください。
※印はお肌に合わせてお選びいただくステップです。
Q. 夏用を冬に使ってはいけないのでしょうか?(冬用を夏に使ってはいけないのでしょうか?)
春夏用・秋冬用は、季節による肌の保水能力の変化や、季節特有の肌状態を想定して設計されています。
夏は気温・湿度とも高く、紫外線が強くなります。そこで春夏用のスキンケアは比較的さっぱりとしたタイプのものが多く、シミ・ソバカスを防ぐ有効成分が配合されているものもあります。
冬は気温・湿度とも低く、紫外線は夏と比較すると弱くなります。そこで秋冬用のスキンケアは保湿力が高く、肌の乾燥を防ぐタイプになっております。
一般的には季節に合わせてスキンケアを切り替えるのがおすすめですが、夏でも春夏用のスキンケアでは保湿力が足りない場合は秋冬用のものをお使いになっても差し支えありません。その際、美白のアイテムを併用なさることをおすすめいたします。逆に冬でも秋冬用のスキンケアではしっとりし過ぎる場合は、春夏用のスキンケアをお使いになっても差し支えありません。
Q. エイジングケア化粧品はどのくらい使えば効果がでますか?
個人差があるので一概には言えませんが、うるおいによるハリ感は1ヶ月以上をメドにお考えください。また、季節や環境などの影響で肌状態は変化いたしますので、使用される時期によっては数ヶ月以上かかることもあります。エイジングは日々進行いたしますので、継続してお使いいただくことをおすすめします。
Q. 美白もエイジングケアもしたいのですが、何を選べば良いでしょうか?
春夏の場合、サマーシリーズの「B.A」、「RED B.A」をおすすめします。美白有効成分と保湿成分(エイジングケア)の双方が入っています。美白美容液である「ホワイトショット」をあわせて使用すると、より効果的な美白ケアができます。秋冬の場合、「B.A」、「RED B.A」をシリーズで使い、美白有効成分を配合した「ホワイトショット CX」、「ホワイトショット SX」、もしくは「B.A グランラグゼⅡ」(いずれもエッセンス)を加えることをおすすめします。秋冬の「B.A」、「RED B.A」の主な役割は、エイジングケアと重点保湿ですので、美白はエッセンスで補います。
Q. うっかり日ヤケしてしまった時、どのようなお手入れをすれば良いですか?
シミの元、メラニンをつくる細胞は、紫外線などの過度の刺激を受けると、メラニンをつくろうとします。うっかり日ヤケしてしまった時は、美白成分の入った化粧品でお手入れを行ない、ダメージを最小限に防ぎましょう。
Q. 買ったばかりのクリームの中に穴が開いているのですが、量が少ないのではないでしょうか?
化粧品は元々容器いっぱいに充填されていません。温度変化などで化粧品の体積が変わった場合に、容器が破裂したり、内容物が漏れ出したりするのを防ぐためです。その空間が、輸送中の振動などでクリームの中心部に集まると、穴が開いたように見えます。内容量は、規程の重量を測って充填していますので、不足はありません。なお、体積変化に対応したこのような必要空間は、クリームに限らずほとんどの化粧品の容器にもうけられています。
Q. アルコールの入っていない化粧水はありますか?
「アロマエッセローション」には入っていません。アルコールの配合目的は、多くの配合成分を融合させることと、防腐などです。肌に悪いものではありませんので、アルコールにアレルギーをお持ちの方以外は問題なくお使いいただけます。
Q. 洗顔クリームが固くなってしまいましたが、どうしてですか?
極端な高温下または低温下で保管すると、固くなることがあります。固くなった洗顔クリームがお肌に悪影響を及ぼすことはございません。
Q. 化粧水が泡立ってしまいましたが、大丈夫でしょうか?
化粧水には、そのままでは水中に溶かすことのできない油性成分を透明に溶かすために可溶化剤が配合されています。この成分は泡を安定させる作用を持っているので、振動によってできた小さな泡が消えにくくなり、泡立ってしまったかのように見えることがあります。品質には問題ありませんので、ご安心ください。
Q.「B.A ザ デイマスクS」と炭酸美容との違いはなんですか?
炭酸の商品は、炭酸ガスを使用したもの、「B.A ザ デイマスクS」などの微発泡の商品は、LPGというガスを使用したものです。この2つの違いは、機能です。炭酸は、血行促進効果が高く、洗顔料やマッサージなどの老廃物を「ながす」アイテムに使用されることが多いです。LPGは、配合成分をより速く届ける力があります。そのため、LPGは、「B.A ザ デイマスクS」のように、肌にハリをもたらす「みたす」アイテムには最適な機能です。
Q. 汗をかきにくい人や、室内にいてあまり汗をかかない人でも、汗による肌ゆるみは起きるのですか?
人は、「自分が汗をかいている」という自覚がなくても、体温調節などのために無意識に汗をかいています。汗をかきにくい人や、汗をかきにくい環境にいる人でも、無意識に汗をかきナトリウムイオンが排出されます。気温の高い夏は特に発汗が多いため、体内のナトリウムイオン不足が起こり、肌ゆるみのリスクが高まります。
Q. 「B.A ザ デイマスクS」は1本で何回くらい使えますか?
1回使用量の目安は500円玉硬貨大(1g)です。これは約60回分にあたります。毎朝ご使用になった場合、1本で約2か月分です。
Q. 春夏用スキンケアへの切り替えタイミングを教えてください。
ポーラでは基本的に3~8月を春夏シーズンと設定していますので、その期間に春夏用シリーズをお使いいただくのがおすすめです。ただし、日本は南北に長く地域差があり、また近年は気候変動も大きいので、あくまで目安とするのが良いでしょう。季節の変わり目など気温が安定しないシーズンは、その日の気温や湿度に合わせて、春夏用と秋冬用を使い分けていただいても良いでしょう。

お問い合わせ方法

よくあるご質問に掲載されていない場合は、下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

関連コンテンツ

ページの先頭へ