1. ビューティーディレクター
  2. 育児中のあなたへ

仕事と人生。
二択ではないと思う。

[ビューティーディレクター インタビュー]

育児をしながら、思いきり働きたい!
だから、ポーラに惹かれました。

ポーラ ザ ビューティー 梅田店 ショップオーナー
林麻里菜さん

23歳、ポーラで働き始めた。
2人の子供を育てながら。

林麻里菜さんがポーラで働き始めたのは、23歳。
結婚、2児の出産を経てのことだった。
ご主人の転職を機に、家庭の生計を支えるために外で働くことを決意したという。
「美容師の専門学校を出ていた私は、その知識を活かしたかったんです。そして出会ったのがポーラでした」
社会人として本格的に仕事をするのは初めてだったが、林さんは頑張れる自信があった。
家族のために、という一心で。しかし、現実は厳しかった。
「エステのキャンセルや商品の返品など、いろいろと苦労しました。でも、落ち込んでる暇はない!やるしかない!と、自分を奮起していましたね。そんな私を見て、食事やメールで励ましてくれた上司の存在は、強い心の支えになりました。」

目の前に壁がある。
だから、頑張れる。楽しめる。

ポーラのビューティーディレクターには、子育てをしながら働く女性も多い。
育児の支援制度はもちろん、キャリアップをサポートする制度も充実している。
「育児をしながら、思いきり働ける。そこも、ポーラで働くことに惹かれた理由でした。好きな美容業界なので、やりがいも大きいですね」
日々がむしゃらに仕事に励み、着々と目標をクリアしていった林さん。
マネージャー昇格後も、スタッフ集めからマネージメントまで一筋縄ではいかなかったが、一つひとつ乗り越えていった。
「目の前に壁がある方が頑張れます。私、次の目標が見えない時の方が辛いんです」
そう爽やかに笑う彼女は、現在、念願の自分の店を持ち、オーナーとして働く日々を送る。

一から学べます、
美容のこと、経営のこと。
教育制度が充実しています。

美容のプロであるビューティーディレクターに必要なノウハウは、一からしっかりと学ぶことができます。
エステやメークの技術研修など、さまざまな教育制度があります。
オーナー(ショップ経営者)を目指す方には、店舗マネジメント、人材育成ノウハウなどの研修もご用意しています。
あなたの働き方、そして将来に合わせた教育を選ぶことができます。

ポーラは、ショップ経営という

夢をサポートします。

自分のショップを持ちたい。その夢をポーラは応援しています。少ない投資で独立をかなえる、2 つのサポート制度があります。
ひとつは、「ポーラ ザ ビューティー」。店舗をはじめ、ショップ運営に必要な支援をご提供します。
もうひとつは、「エステイン」。オーナーの裁量で理想的なショップをつくることができます。

話をきく・申し込む

関連コンテンツ

ページの先頭へ