POLA WELLNESS CATALOG 2024 SPRING & SUMMER
32/98

32松倉クリニック代官山 院長貴子先生松倉クリニック代官山 院長貴子先生POLAイノベーションセンター多田研究員 現代人の目の不調 貴子先生 現在年齢を問わず来院者のほとんどの方は目もとの悩みを抱えています。そのお悩みの半数以上は、目のまわりのシワやまぶたのたるみ、目の下のPOLA企画担当後藤利佳子たるみなどの老化。目のまわりの皮フは非常に薄く、また皮脂腺が少ないので乾燥しやすいという特性があります。さらにリモートワークなどが増えた近年では、PCやスマートフォンなどとの接触時間が増え、ブルーライトによる酸化ストレスや眼精疲労、血流の低下が、目の老化をいっそう早めているでしょう。後藤さんポーラで目や目もとのお悩みにまつわる調査をお客さまに行ったところ、何らかの目もとの不調を抱えている人の日本形成外科学会認定専門医。帝京大学医学部卒業。京都大学付属病院などを経て都内美容外科クリニック院長など歴任、2012年より現職。専門医の知識を活かして正しい美容医療を行う。Instagram @takako173スペシャル対談今や若い世代も抱える目もとの不調 デジタル時代特有のお悩みが近年顕著に現代人の目もと環境には内からと外からのケアを

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る