1. 企業情報
  2. ニュース

【企業情報】2019.6.28

目に存在するたんぱく質「RAGE」が目もとの組織や機能に影響を与えることを発見
目の糖化・炎症を抑え、
目もと全体の美しさをサポートする成分を開発

株式会社 ポーラ(本社:東京都品川区、社長:横手喜一)は、糖化や炎症による目もとの変化について研究した結果以下の2点を発見しました。

① 目に存在するたんぱく質「RAGE」が目もとの組織や機能に影響を与え、白目の充血やまつ毛の脱毛、
  クマやむくみ、うるおいやバリア機能の低下を引き起こすこと。
② 「紅花エキス」が、ダメージたんぱく「RAGE」を不活性化させること。
③ 「紅花エキス」・「米由来ポリアミン」 ・「紅紫菊」を配合したオリジナル成分が、ダメージたんぱく
  「RAGE」による目もとへの悪影響を抑制すること。

ポーラが今回開発した「紅花エキス」、「米由来ポリアミン」、「紅紫菊」を配合したオリジナル成分は、2019年10月発売予定の製品に応用されます。

  • ※米由来ポリアミンは、米胚芽エキスに含まれる成分です。

関連コンテンツ

ページの先頭へ