1. 企業情報
  2. ニュース

【美容情報】2018.11.12

ポーラ×日本気象協会 コラボ研究第四弾
気圧と肌・体調の関係に関する新知見
気圧の低下で肌がくすむ 「気圧くすみ」を発見

株式会社ポーラ(本社:東京都品川区、社長:横手喜一)は、一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川裕己)との共同研究により、「肌」と「気象環境」との関係性を都道府県別に調査してきました。第四弾では「現地気圧」に着目し「肌のくすみ」との関係性を、さらに肌データ1件ごとに行っている「体調アンケート結果」と「現地気圧」との関係性についても同時に調査を行いました。その結果、現地気圧が低くなると肌がくすむ傾向があることを発見し、「気圧くすみ」と名付けました。また「寝つきが悪い」「貧血気味」「顔や足のむくみ」が、現地気圧が低くなるとアンケートのチェック率が高まる結果を得ました。気圧と体調の関係に関する研究は、今後も当社の所有するビッグデータを活用し、継続研究していきます。
なおこの結果は、全国47都道府県で、4年間(2014年9月1日~2018年8月31日)に集めた女性の肌と体調データの分析結果及び、同時期の気象データをもとに調査したものです。

 

関連コンテンツ

ページの先頭へ