1. 企業情報
  2. ニュース

【企業情報】2018.2.8

「がんと共に生きる」ためのサポートプログラムを開始
一人ひとりが、かけがえのない存在として認め合う風土をめざして

株式会社ポーラ(本社:東京都品川区、社長:横手喜一)は、従業員に加え、約4.6万名のビューティーディレクターとその家族、及び社会に向けた「がんと共に生きる」ためのサポートプログラムを2018年4月より順次、実施します。※2017年12月31日時点

ポーラは、一人ひとりの個性を互いに認め、高めあいながら活躍することが、新しい価値を生み出す源泉であると考えています。現在日本では、2人に1人ががんに罹患しているといわれていますが、医療の発達により「がんと共に生きる」時代を迎えつつあります。がんは、罹患者本人はもとより、支えあう身近な人も含め、誰もが向き合わざるを得ない病気です。当社にも、がんの治療や看護をしながら働くたくさんの仲間がいます。「がんと共に生きる」すべての人をかけがえのない存在としてサポートする当社の取り組みは、人と社会の持続的成長を支える基盤になると考えています。

関連コンテンツ

ページの先頭へ