環境注意報を肌分析技術・パーソナライズドサービスに導入
環境変化により起こりやすい肌トラブルを分類し、ケア必要度を予測

株式会社ポーラ(本社:東京都品川区、社長:及川美紀)は、これまでに蓄積した約1,870万件※1の肌データと環境データを掛け合わせ、環境変化によって起こりやすい肌トラブルを3つに分類し、昨年リニューアルしたポーラのパーソナライズドサービスブランド APEX(アペックス)の肌分析技術に、新たに「環境注意度」と「環境ケア必要度」の予測を導入します。

詳細はこちら

※1:2020年1月現在