1. リンクルショット メディカル セラム

「リンクルショット メディカル セラム」 販路拡大。
6月1日より国内外EC販売、各国免税店でも順次取扱開始。

発見。

世界でひとつのシワ改善メカニズム。※1

ある日、不可能は、可能になる。
2017年1月1日。ポーラ リンクルショット、誕生。
日本初承認※2のシワを改善する薬用化粧品です。その1本には、
世界でひとつのシワ改善メカニズムがあります。


ポーラは発見しました。紫外線などによる炎症や日常的に生まれる表情シワを、
肌が「キズ」と勘違いし、かえってシワをつくってしまう働きを。
その作用をブロックさえすれば、肌本来の力でシワの改善を促せる。
可能にするのは、約5400種の成分から探し当てたポーラ独自の医薬部外品有効成分ニールワン。※3
世界初の発見が、ポーラ リンクルショットを生み出しました。
メカニズムが違う。つまり、シワ改善のアプローチが違う。
すでに90万人※4の肌が知っています。さあ、次はあなたです。
シワ改善のパイオニア、ポーラから。

真皮の生成と分解のバランスを整えるシワ改善※5薬用化粧品。

日本初承認。医薬部外品有効成分「ニールワン」。

発見。医薬部外品有効成分 真皮に浸透するニールワン

「発見。医薬部外品有効成分 真皮に浸透するニールワン」篇

他のリンクルショットムービーも見る

リンクルショットは、経済の成長にも貢献。

リンクルショットの登場は、女性だけではなく日本経済にも良い影響がありました。経済の成長・発展には個人消費が大きく関わりますが、人口減少が進む日本で大量に物を売るのは難しいため、何ものにも代えがたい付加価値の高いものが求められます。だからこそ商品力と説明力がものを言う時代。正しい使い方や、丁寧できめ細かいカウンセリングまで備えたリンクルショットは、まさに今の時代を代表する商品の1つだと思います。

牛窪 恵
マーケティングライター。世代・トレンド評論家。内閣府「経済財政諮問会議」政策コメンテーターを務める。

日本初のシワ改善薬用化粧品の開発者ポーラ・オルビスホールディングス執行役員・末延則子のストーリー

本書籍は、ポーラ化成工業㈱ 研究所でプロジェクトリーダーとして開発を先導した末延則子(現 ㈱ポーラ・オルビスホールディングス執行役員 兼 ポーラ化成工業㈱ 取締役執行役員)を中心に関係者や有識者などへの綿密な取材に基づいて書かれています。
ゼロからの研究スタートから商品発売に至るまで、何度もプロジェクト中止の崖っぷちに立たされながらも承認第一号の取得を成し遂げ、末延は日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018」大賞を受賞いたしました。
末延の研究に対する姿勢や仕事への熱い思いに感銘を受けた日経ウーマン編集長(当時)の安原ゆかり氏により、リンクルショット開発への情熱が、業界の動きも交えながら人間味あふれる視点で紹介されています。
約230億円のシワ改善市場を作り出した本開発ストーリーは、業界関係者だけでなく、困難な事に立ち向かうあらゆる方に対してエールを送る1冊です。

・書名:「仕事は、臆病なほうがうまくいく」
・発行:株式会社 日経BP
・著者:安原 ゆかり 氏
・発行日:2018年9月25日(火)
・定価:本体1,400円(税別)

詳細はこちら

【「リンクルショット メディカル セラム」の模倣品に関するご注意】

リンクルショット メディカル セラムにつきまして、内容物、容器を偽造した模倣品が流通している状況が確認されました。入手した模倣品を調査、分析しました結果をお知らせ致しますので、お客様におかれましては十分にご注意頂きますよう、お願い申し上げます。
詳細はこちら

リンクルショット メディカル セラムについてのお問い合わせは、お客さま相談室にお電話ください。

〈お客さま相談室〉 0120-117111 受付時間:9時から17時まで(土日・祝祭日・年末年始・夏季休暇を除く)

  • ※1 世界でひとつのシワ改善メカニズム:好中球エラスターゼの活性阻害により、真皮の分解&生成のバランスを整えるシワ改善メカニズム。
  • ※2 日本初承認:シワを改善する医薬部外品として2016年7月に初承認された製品
  • ※3 ニールワン:成分名 三フッ化イソプロピルオキソプロピルアミノカルボニルピロリジンカルボニルメチルプロピルアミノカルボニルベンゾイルアミノ酢酸Na
  • ※4 90万人:2017年1月1日〜2019年6月30日の販売実績(ポーラ調べ)
  • ※5 シワ改善:日本香粧品学会で定めた、新効能の取得のための抗シワ製品評価ガイドラインの評価基準において、有意性が得られました。
  • ※6 45冠受賞:2019年5月現在
  • *エイジングケア:年齢に応じた化粧品等によるお手入れのこと

関連コンテンツ

ページの先頭へ