POLA TALKER'S TABLE(ポーラ トーカーズ テーブル)
LINEで送る
POLA TALKER’S TABLE
アートやテクノロジーを中心に
分野を絞らずに
自由な発想で企画した対話セッションやワークショップ。
期間中前半は「ひらめき」、
後半は「つながる」をテーマに展開します。
EVENT DETAIL

人はなぜメークをするのか

毎朝当然のように鏡の前に座り、メークをする私たち。けれど「なぜ?」と聞かれると答えに詰まる人も多いかもしれません。身だしなみ?変身願望?コンプレックスを隠すため?それとも…。人がなぜメークをするのか。その歴史的な背景を紐解き、また現代における化粧の役割について共に考えたいと思います。「化粧」に対する考え方がちょっと新しくなり、明日からもっと主体的に、もっと楽しくメークと向き合いたくなるはず。

日時
2017年12月10日(日) 13:00〜14:30
開催場所
二子玉川 蔦屋家電
定員
20名
募集期間
2017年11月29日(水)10:00〜
2017年12月6日(水)24:00まで

speaker

富澤 洋子さん
富澤 洋子さん(ポーラ文化研究所 研究員)

2004年よりポーラ文化研究所にて化粧や美容の歴史や美人観の変遷など、化粧文化についての研究を行い、展覧会、セミナーなどで発表。主な研究領域は近代の化粧文化史。
著書『よそおいの楽しみ、かざる悦び―アール・ヌーヴォー期の銀製手鏡』、共著『近・現代化粧文化史年表』『明治・大正・昭和の化粧文化』(いずれもポーラ文化研究所発行)

吉野 ユリ子さん
吉野 ユリ子さん(ライフスタイル・ジャーナリスト、エディター)

ライフスタイル・ジャーナリスト、エディター。1972年生まれ。立教大学文学部卒業後、アシェット婦人画報社(現ハースト婦人画報社)にてファッション誌「Vingtaine」などの編集に携わったのち、2008年より現職。「25ans」「Richesse」「Marisol」「GINGER」などで連載をもつほか、広告、WEBなどで活動。またアスリートフードマイスターとして運動と食による健康なライフスタイルの提案も行う。趣味はトライアスロンでアイアンマンを3度完走。1歳の娘をもつ母でもある。
https://ameblo.jp/yurico-y

申し込む
戻る

ページの先頭へ

「WE/」WOMAN・EVOLUTION

ポーラが2017年1月に創刊した企業文化誌「WE/」は、
毎号約40万部発行するフリーマガジンです。
1950年にポーラ美容新聞として始まったポーラの企業誌は、
その後冊子名を変えながら、時代のニーズとともに進化してきました。
肌を美しく導くことだけにとどまらず、女性たちが自分の中に眠る可能性を解き放ち、
こころ、生き方、一生がもっとポジティブに輝き続けるための発信を続けています。