ゆったりと、肌と向き合う。透明感を引き出すように…

今年の酷暑を過ごした肌は、角層が乱れがちだったり、古い角層に不要なメラニンが溜まっていたりと例年以上に肌疲れ状態かも。ダメージを引きずらずに秋冬の透明感を目指す第一歩は、いつものケアをより丁寧に、いたわるように心がけることから。動画を参考に、秋の夜長をゆったりとケアを楽しむ時間にして。

※角層のうるおいによる

きめ細やかさを見習いたい、美白ケア優等生の血液型って?

ポーラの独自調査によると、答えはO型。「美容意識が高い」「シミを気にする」「通年での美白美容液の使用率が最も高い」「日ヤケ止め、日傘、サングラスの使用率が高い」など意識もケアも優等生。意外にもA型は美白ケア率が低く、美白美容液は盛夏のみという人が多数でした。秋冬の美白ケア、見習うなら1年中手抜きなしのO型さんをぜひ。
きめ細やかさを見習いたい、美白ケア優等生の血液型って?

美白:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

あの新しい法律とメラニンに意外な関係性?

ポーラの肌のビッグデータから、喫煙者は非喫煙者よりも肌のメラニン(シミのもと)量が多いことがわかっています。そして「改正健康増進法」がこの7月に成立し、禁煙場所での喫煙の禁止や受動喫煙防止が義務化。2020年4月に全面施行されます。この新しい法律で、日本女性の肌色にもっと明るい未来が開けるかもしれませんね。
あの新しい法律とメラニンに意外な関係性?
次回の更新は10/22(月) 来月もお楽しみに

その他のケアもチェック