意外?雪のレジャーに持参すべきは保冷剤&保湿アイテム

紫外線の地面からの反射率は、コンクリートが5~6%なのに対し、雪面はなんと80~95%!晴れた日の雪のレジャーは夏以上に注意が必要です。もしうっかり「雪ヤケ」してしまったら、動画を参考に保冷剤で冷やして炎症を鎮めたあとに、丁寧な保湿を。とくに空気が乾燥するこの時期は、保湿に着目したクリームまで使うのがおすすめです。

浸透感と透明感を意識して、朝のホットタオル習慣を

美白アイテムを使っていても、肌が冷えていたりゴワついていたりして浸透しにくい状態だと、ケアの効率はダウンします。そんな時はホットタオルを洗顔後の顔に当てると、肌がふわっとやわらかくなり、その後に使うアイテムの浸透感も楽しめます。くすみも気にならなくなるので一石二鳥のテクニックです。
浸透感と透明感を意識して、朝のホットタオル習慣を

ホットタオルの作り方:濡らしたタオルを絞り、電子レンジで30秒~1分くらいあたためます。

※美白:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

※くすみ:乾燥やキメの乱れなどによる

ビタミンCを上手に摂れば、透明感もハリ感もあなたのもの?

これから急増する紫外線量への対策のひとつとして、抗酸化作用の高いビタミンCはたっぷり摂りたい栄養素。意外と知られていませんが、実はコラーゲンを作る働きもあるんです。1度にたくさん摂取すると体外に排出されてしまうので、食べ物やサプリメントなどで少しずつ。また肉・魚などのたんぱく質と一緒に食べると吸収効率がアップします。
ビタミンCを上手に摂れば、透明感もハリ感もあなたのもの?
次回の更新は3/20(水) 来月もお楽しみに

その他のケアもチェック