その洗顔が、あなたの肌ゆらぎを左右しているのかも…

過酷な冬の肌環境のなか、肌ゆらぎアラートが出ているこの地域のあなたは、何はともあれ肌をいたわる丁寧なお手入れを。スキンケアの第一ステップの洗顔を、まずは見直しましょう。気や手を抜くと、肌にダメージを与えかねない洗うケアこそ丁寧に。今年1年間のねぎらいをこめて、そして来年もゆらがない肌を目指して…。

今が旬のタラ、実は肌ゆらぎと肝臓の強い味方です

旬を迎えるタラは肌アレを防ぐはたらきがあるビタミンAが豊富。しかも肝機能をサポートするといわれるグルタチオンも多く含まれているので、お酒を飲む機会が多い年末年始には、うれしい食材です。定番の鍋料理もいいけれど、パーティやおもてなしにもぴったりなアクアパッツァをぜひお試しあれ。
今が旬のタラ、実は肌ゆらぎと肝臓の強い味方です

<タラのアクアパッツァ>

(材料)5~6人分

  • 生タラ 4切れ
  • 塩、こしょう 各少々
  • あさり(砂抜きしたもの)200g
  • ブラックタイガー 6尾
  • ムール貝 6個
  • にんにく 2片
  • オイル 適量
  • オリーブ 15個程度
  • 白ワイン 100mL
  • 水 100mL
  • クレソン 適量

(作り方)

  1. 1. タラは半分に切って塩、こしょうをふる。
  2. 2. フライパンに潰したにんにく、オイルを入れて弱火で熱し、香りが出たら、タラとブラックタイガーを焼く。
  3. 3. あさり、ムール貝、オリーブ、白ワインを入れてアルコールを飛ばし、水を加えて沸騰したら火を弱め、ふたをして貝の口が開くまで蒸す。
  4. 4. オイルを軽く回しかけ、煮汁を乳化させる。塩で調味し、皿にクレソンと一緒に盛る。

  5. レシピ監修:栄養士・フードコーディネーター 太田静栄先生

美人印象&美肌に差がつく、マスク使いのコツ2つ

風邪や冷え対策などで冬は特に使用頻度が増えるマスク。みんなが使っている時だからこそ、2つの美ポイントで差をつけて。
美人印象&美肌に差がつく、マスク使いのコツ2つ

●目もとのメークで美人印象アップ
目もとしか見えないだけに重要!眉を描き、目もとを引き締めるアイライン、立体感の出るマスカラは必ず使って。

●紫外線ケアはぬかりなく
マスクを通過して届く紫外線には要注意。UVカット効果のあるクリームやファンデーションは必須です。

次回の更新は12/20(水) 来月もお楽しみに

その他のケアもチェック