「脱自己流洗顔!」で、肌ゆらぎにゆらがない私へ

肌ゆらぎアラートが出ている地域のあなたは、すべてのケアに繊細さを意識して。特に「スキンケアの基本」ともいわれる洗顔は、気持ちや手を抜くとケアのつもりが肌にダメージを与えることも。毎日のことだけに、つい自分流になりがちな洗顔だからこそ、こまめに動画をチェックして軌道修正を。

肌にも肝機能にもパーティにも嬉しいタラのアクアパッツア

食事の質を高めることの大切さを知るあなたにこの時期選んで欲しいのは、旬のタラ。肌アレを防ぐビタミンAや、肝機能をサポートするといわれるグルタチオンが豊富なので、肌がゆらぎがちなうえにお酒を飲む機会が多いこの季節にぴったりです。今回は、おもてなしにもぴったりなアクアパッツァのレシピで召し上がれ。
肌にも肝機能にもパーティにも嬉しいタラのアクアパッツア

<タラのアクアパッツァ>

■材料(5~6人分)

  • 生タラ 4切れ 
  • 塩、こしょう 各少々 
  • あさり(砂抜きしたもの)200g 
  • ブラックタイガー 6尾
  • ムール貝 6個 
  • にんにく 2片 
  • オイル 適量  
  • オリーブ 15個程度 
  • 白ワイン 100mL 
  • 水 100mL 
  • クレソン 適量

■作り方

  1. 1. タラは半分に切って塩、こしょうをふる。
  2. 2. フライパンに潰したにんにく、オイルを入れて弱火で熱し、香りが出たら、タラとブラックタイガーを焼く。
  3. 3. あさり、ムール貝、オリーブ、白ワインを入れてアルコールを飛ばし、水を加えて沸騰したら火を弱め、ふたをして貝の口が開くまで蒸す。
  4. 4. オイルを軽く回しかけ、煮汁を乳化させる。塩で調味し、皿にクレソンと一緒に盛る。
  5. レシピ監修:栄養士・フードコーディネーター 太田静栄先生

あなたの美人印象&美肌を貫くマスク姿の2鉄則

この季節、風邪や肌冷え予防で大活躍するのがマスク。「どうせマスクで隠れるから」とメークの手抜きをしているようでは大人の女性としてはたしなみ不足といえるかも。下にある「魅せる」と「守る」の2つの美ポイントで、同じマスク姿でも、周囲とちょっぴり差がつくあなたでいて。
あなたの美人印象&美肌を貫くマスク姿の2鉄則

●魅せる
目もとしか見えないだけに重要!眉を描き、目もとを引き締めるアイライン、立体感の出るマスカラは必ず使って。

●守る
マスクを通過して届く紫外線には要注意。UVカット効果のあるクリームやファンデーションは必須です。

次回の更新は12/20(木) 来月もお楽しみに

その他のケアもチェック