1. 特集
  2. B.Aアナザーストーリー
  3. わたしたちのAnotherStory
  4. cafeglobe.2

挫折から栄光へ転じる力。名声を得た女性たちの共通点

大人になった今でも仕事や生き方において、立ち止まったり道に迷ったりすることがあります。そんなとき心の支えになってくれるのが、公私ともに名声を残した女性たちの生きざまではないでしょうか。
挫折を経ても自分を見失わず立ち上がる、そんな往年の女優やセレブリティの姿に現代を生き抜くヒントを見つけてみましょう。

大切なのは悔やまず前に進むこと――グレース・ケリー

『Grace Kelly: A Life in Pictures』(Pavilion, 2006)

気品と美貌を備えた20世紀を代表するハリウッド女優といえば、ご存じグレース・ケリー。

女優としての絶頂期に華々しいキャリアを捨て、29歳でモナコ王妃となりました。

しかし、王室のしきたりになじめず、何をしても「アメリカ女優」とささやかれてしまうグレース。ヒッチコック監督からの熱烈のオファーを受けながらもハリウッド復帰の道を断念します。女優としての成功が心の支えだったグレースにとってどんなにつらい決断だったでしょうか。

のちに彼女が出演したモナコ映画のなかにこんなセリフがあります。

「落胆することも人生の糧です。大切なのは悔やまず前に進むことです」

モナコ王妃役を演じたグレースが生き方に悩む人を慰めたときのセリフで、グレース自身が考えた言葉なのだとか。絶望に屈しなかった彼女の強さと、人の痛みに寄り添えるやさしさにあふれたエピソードです。

誰のためでもない、自分の生きる道を――ジャクリーン・ケネディ

『Jackie Style』(It Books, 2001)

1960年代に「ファッションアイコン」と称されたのは、当時ファーストレディであったジャクリーン・ケネディ。

夫のケネディ大統領はパレード中に目の前で射殺され、大富豪の海運王・オナシス氏と再婚するも夫婦は冷え切った仲に。死産や子どもの病死をも経験し、妻、母という側面では苦難の連続でした。

再婚から約6年半後、オナシス氏と死別したジャクリーンはNYで編集者の仕事に就きます。幼少期より本が大好きだった彼女が選んだのは、誰のためでもない人生、自分の生きる道でした。この生き方は彼女のミニマルなファッションとともに、現代女性を惹きつけてやみません。

軸からブレることなく強くしなやかに――ジュリア・チャイルド

『Julia Child's Menu Cookbook』
(Random House Value Publishing, 1991)

アメリカでは知らない人はいない料理研究家、ジュリア・チャイルド。

彼女の人生を描いた映画「ジュリー&ジュリア」は日本でも話題となりました。第2次世界大戦では婦人部隊に配属され、スリランカや中国に派遣されています。

終戦後の1946年に34歳で結婚し、それを機にパリに移住。大好きだった「食」を学び始めますが、彼女が作る"大胆な"料理はバカにされてしまいます。料理教室を開くも周囲の反応は冷ややかでした。しかし、この失敗と挫折が多くの女性の悩みを解決する糸口になったのです。

1961年、彼女は800ページにもわたるレシピ本をシンプルなレシピに書き直し、当時のアメリカ食文化に大革命を起こしました。自分の軸からブレることなくしなやかに思いを貫き、遅咲きながらキャリアを成功させた生き方は今なお多くの女性を励ましています。

生き方も肌も、何度でも生まれ変わる

この3人に共通するのは「あきらめない情熱」と「何度でも再生する力」。挫折や困難に直面し、落ち込むことはあっても、決してあきらめず上を向いて立ち上がる、そんな姿勢に私たちは「がんばろう」「大丈夫」と励まされる気がします。

「あきらめない情熱を持ち、こうありたいと思い続けて行動すれば、何度でも再生できる。女性としての生き方も、美しさも。」

そんなあきらめない情熱を、女性の美に捧げ続けているもののひとつが、化粧品です。化粧品はいつの時代も、女性にエールを贈りながら後押ししています。

なかでも、スキンケアコスメシリーズ「B.A」は1985年の誕生から30年の月日を経て、より高みを目指す女性にフォーカスし、新「B.A」として生まれ変わりました。

※肌の生まれ変わりとは「肌のターンオーバー」のこと。

美への飽くなき情熱でたどりついた成分

左からB.A ミルク 21,600円、B.A ローション 21,600円(奥)、B.A クリーム 34,560円(手前)、B.A クレンジングクリーム 10,800円、B.A ウォッシュ 10,800円、B.A マッサージクリーム 12,960円(すべて税込)

新B.Aの理論において注目したいのが「バーシカン」という成分です。バーシカンとは肌の誕生因子のひとつ。肌の誕生には不可欠な糖タンパク質ですが、残念ながら大人になるとその量が減少してしまいます。

この「バーシカン」が豊富な肌イメージを大人の肌で再現できれば、ボリューム感とツヤ感に満ちたふっくらとした肌を目指すことができるのではないか――、そんな理論に基づいて開発されたのがこの新B.Aです。

さらに新B.Aでは一新したパッケージにも前向きに歩む女性へのメッセージが込められています。化粧品のパッケージはやさしく丸いデザインが多いなか、新B.Aは深みのある黒一色。エッジは船の先端をイメージし、時代を切り開く意思を表現。さらには目立たない箱の内側に多面的な美しさと生命力を感じさせる植物を描くというこだわりよう。

このスタイリッシュなパッケージとは打って変わり、香りは女性らしく上品。思わず深く吸い込んで、至福のため息をついてしまいました。

グレース・ケリーやジャクリーン・ケネディ、ジュリア・チャイルドの3人が熱い情熱をもって生き方を変えたように、新B.Aは女性の可能性を無限に広げてくれるーー。そんな幸せを自分の肌で感じてみたいものです。

商品写真/中山実華
画像元/Shutterstock
Copyright©/cafeglobe

関連コンテンツ

ページの先頭へ