1. 特集
  2. B.Aアナザーストーリー
  3. わたしたちのAnotherStory
  4. cafeglobe.1

ウーマンリブ時代の女性に学ぶ「強さ」と「しなやかさ」

かつて、女性の生き方に大きな変化がおこった時代があります。1960年代から1970年代にかけて、女性自身が男性と同等の権利を主張するようになりました。それは「ウーマンリブ(Women's liberation movement)」運動と呼ばれ、欧米を中心に、各国、そして日本にも広がっていきました。
そんな時代の転換期に生きた力強い女性たちの姿から、今を生きるヒントを見出してみましょう。

社会を動かす強いエネルギーを放った女性たち

ウーマンリブの発端となったのは、反戦運動がさかんだった1960年代後半のアメリカ。当時は家事、育児を女性が担い「ハウスワイフ(専業主婦)」として家庭を守るのが理想の女性像という社会通念が根強くありました。

その一方で、戦時中に男性の働き手が不足するなか、たくましく働く女性が社会を下支えした背景があるのです。戦後も引き続き、家事や育児を仕事と両立させながら働く女性が増えてきました。外では力強く仕事をこなし、家では良き妻、良き母として家庭をやさしく包むような女性が増えてきました。

自分が望む仕事を選び、自由な生き方へ

次第に女性たちはさまざまな職業に進出していきました。ウーマンリブの流れから、フェミニズムやジェンダーフリーといった考えも波及していきますが、そうした思想や女性の社会進出によって、呼び名が変わった職業もあります。

たとえば、語尾に男性を意味する「man」がつく「policeman(警官)」は「police officer」に、「fireman(消防士)」は「fire fighter」に置き換えられました。また、女性の社会進出にともなって、議長や組織のリーダーを表す「chairman」という言葉も「chairperson」と言い変えるケースもでてきました。

本来、自分の能力をいかし、収入や地位を得ることは、男性に限らず誰にでも与えられるべき権利。でも、主張するばかりでは、これまでの古い価値観を変えていくのはむずかしかったでしょう。男性中心に築かれた社会を女性が一から変えていくには、パワフルさだけではうまくいきません。自分の仕事にしっかりと責任をもつ凛とした姿勢や女性らしい気遣いも必要です。

女性ならではの「強さ」と「しなやかさ」を武器に、自らが社会で活躍することで、自由な権利を手にしていったのが当時の女性たちなのです。

ミニスカートは女性の自己表現の象徴に

60年代以降、女性ファッションにも変革が起こりました。それまでは、オートクチュールのみがもてはやされてきましたが、この頃から大衆が手にする既製服もファッション性を持ち合わせていきます。そして、既製服を自分の好みのスタイルにあわせて選び、コーディネートを楽しむようになっていくのです。

そうした大衆向けファッションの代表格といえるのが、ミニスカート。50年代の欧米では、今でいうミモレ丈やロングスカートが一般的でした。ミニスカートで闊歩する女性たちの登場は、当時、かなりセンセーショナルなものだったと思います。

女性の生き方が多様化してきた当時にあって、女性が自分の魅力をダイレクトに表現したり、自由に自分を解放したりできるアイテムだったのでしょう。

今の時代を生きる女性にふさわしいもの

ウーマンリブの時代に、女性ならではの「強さ」と「しなやかさ」でのびやかに自分の生き方を開拓していった女性たち。前向きに進む意思と力強さは、どんな時代も共感できる生き方です。

次第にウーマンリブの流れは、日本にも波及していきます。女性の活躍の場が広がる起点となった、男女雇用機会均等法が制定されたのが1985年のこと。そんな1985年に誕生して以来、強くしなやかに生き抜く女性たちを「美の視点」から支え続けているのが、ポーラ「B.A」です。

強くしなやかに活躍する女性たちにふさわしいのは、いきいきとした艶肌。肌は、何度でも生まれ変わり、力強く、しなやかに再生を続けます。
だからこそ、時代とともに、女性の生き方も肌も、常によりよいものへ革新を続ける必要があります。

「B.A」の根底にあるセオリーは、「バイオアクティブ理論」。この理論は、肌の細胞ひとつひとつの力を最大限に引き出し、真の美を目指すことにあります。
「B.A」は30年以上、肌の誕生メカニズムに革新をもたらし続けています。今回、新たに着目されたのが、肌誕生因子のひとつ「バーシカン」。実はこのバーシカンは、胎児の肌が生まれるときに大量に作られますが、大人になると減っていくものなのです。
つまり、バーシカンが豊富な肌イメージを大人の肌で再現することで、ふっくらとしたボリューム感や艶感のある、生まれたてのようなみずみずしい肌を目指すのが「B.A」の考え方なのです。

左からB.A プロテクター11,880円、 ミルク 21,600円、B.A ローション 21,600円(奥)、B.A クリーム 34,560円(手前)、B.A クレンジングクリーム 10,800円、B.A ウォッシュ 10,800円、B.A マッサージクリーム 12,960円(すべて税込)

また、黒で一新されたB.Aシリーズのパッケージには、前向きに進む意志と力強さが感じられます。パッケージ内側には美しくて生命感あふれる植物が描かれ、まるで女性のしなやかな美しさが表れているようです。キャップのエッジは、船の先端をイメージし、これからの時代を強く、しなやかに生き抜く女性たちへのメッセージが込められています。

「B.A プロテクター」は、紫外線や近赤外線による影響から肌を守る日中用プロテクター。艶感とうるおいによる透明感のある肌を目指します。SPF50・PA++++(紫外線カット成分、近赤外線カット成分配合)

かつて、女性の権利や自由を勝ち取ったウーマンリブの時代。彼女たちがいきいきと躍動したからこそ、今を生きる女性が自由に輝けるようになったといっても過言ではありません。長い歴史を誇るB.Aブランドは、これからも時代時代で輝きをはなつ女性たちをサポートしていくことでしょう。

商品写真/星武司
画像元/Shutterstock , Getty images
Copyright©/cafeglobe

関連コンテンツ

ページの先頭へ