女性を、社会を、動かす。文化の発信。

Miho Tanaka2009年入社/宣伝部

兵庫県で販売最前線を経験、本部では販売企画などを担当、育児休業を経て2016年から現職。休日は家族で外出、外出先で触れる様々なものから刺激を受け、感性を磨くよう心がけている。

女性の進化に必要な出会いを提供したい

宣伝部ではミッションとして「女性を、社会を、動かす。」を掲げています。女性たちを、社会をポジティブにインスパイアするコミュニケーションを追求し、コーポレートとプロダクトの2軸で、ポーラの価値観を発信していこうとしています。私の所属するコーポレートコミュニケーションチームでは、『WE/プロジェクト』と題し、これからの社会を活発にする女性たちを応援する企画に取り組んでおり、これらを通じてポーラの想いを発信し、ポーラファンを増やすことが狙いです。 この中で私は、企業文化誌『WE/』の企画・制作を担当しています。ポーラでは60年以上前から企業誌を制作していて、何度か名称を変えながら今日まで続いてきました。ここ20年は『コフレ』という名称で制作していたのですが、2016年から社内風土改革が始まったことなどをきっかけに、企業誌も一新することに。『コフレ』はどちらかというと、その折々におすすめしたい商品を紹介していく販促としての役割が強かったのですが、新しい『WE/』では、普段なかなか伝えることの出来ないポーラという企業の想いを発信することにしました。名称の『WE/』は、Women's Evolutionから取ったもの。女性が進化するきっかけ、それは「新しい出会い」にあると考え、様々な出会いを提供できる企業誌でありたいと思っています。これが刺激となって自分が何か変わったなとか、一歩前に進めたなと感じていただければという想いで制作しています。

「女性を、社会を、動かす。」革新的な挑戦

『WE/』の企画・制作は1年がかりで進め、2017年1月に創刊、隔月で刊行していきます。『WE/』はこれまでに見たことのないものをつくろうとチームで一丸となって挑戦し取り組んだ成果です。女性の活躍を応援したい、驚きと感動で溢れたものにしたいという想いで創った『WE/』ですが、中身はもちろん、外形も一般の雑誌とは大きく異なっているのがポイントです。Book in Book形式で、内側のページのサイズのほうが大きく、これも「見たことのない」にこだわった挑戦の一つです。
挑戦によって誕生したこの企業誌はもちろんですが、何より私が魅力を感じているのは、新しいことにチャレンジできるポーラという会社の風土です。20年続いてきた企業誌をまったく新しいものにするという提案を受け入れてくれる土壌がポーラにはあります。
また、宣伝部のミッションである「女性を、社会を、動かす。」という革新的なメッセージにも表れていますが、ポーラの提供する価値は、化粧品を使って美しくなっていただくことにとどまりません。背筋がピンと伸びるとか、自信が持てるようになるとか、女性の内面までしっかりサポートするのがポーラの提供する価値です。美しくなるお手伝いをするだけでなく、内面にまで働きかけて、社会までをも動かしていく。企業誌という媒体を使いながら、こんなにも壮大なことに挑戦できることを嬉しく思います。

私のSense & Innovation

Sense は関わりのある人の想いをキャッチすることだと思っていますが、相手が求めていることをキャッチするのはすごく難しいこと。今まで、社内外のさまざまな人とコミュニケーションを取ってきましたが、何か情報を発信しても、受け取る側の感じ方はそれぞれ。こちらの意図とはまったく異なる受け止め方をされることもしばしばありました。自分たちはこういうことを伝えたい、という想いを発信するだけでは、伝わらないものです。相手が何を考えているのか、どんな想いでいるのか。そのことを知る努力をしないと、本当の想いはキャッチできません。
また、企業文化誌『WE/』の企画・制作は、私にとってInnovationそのものでした。今後も雑誌の企画・制作を通して、チームのメンバーと共感性を高めながら、Innovationを継続していきたいと考えています。
『WE/』を通してポーラの価値を感じ取っていただき、ポーラ製品を使っていただく。そしてお客さま自身が新たな価値に目覚め、行動を起こしていく。そんなお客さまのInnovationにも繋げていきたいと考えています。

PAGE TOP