1. 企業情報
  2. ニュース

【トピックス】2017.8.3

ポーラ独自価値「Science. Art. Love.」を象徴する「POLA Dots」トレインジャック
「POLA Dots Train」が『交通広告グランプリ2017』を受賞

株式会社 ポーラ(本社:東京都品川区、社長:横手喜一)は、株式会社ジェイアール東日本企画が主催する「交通広告グランプリ2017」において、『POLA Dots Train』が最高賞のグランプリを受賞しました。

「交通広告グランプリ2017」は、株式会社ジェイアール東日本企画が管理・販売を行なう駅、および車両の広告メディアに掲出・放映された交通広告を対象とする賞です。1956年の「秀作車内ポスター展」に始まり、その後、規模拡大と名称変更を重ねながら継続し、2006年に「交通広告グランプリ」となり現在に至る歴史ある広告賞です。募集部門は、デジタルメディア部門、車内ポスター部門、駅ポスター部門、サインボード部門、企画部門の5部門。受賞作品は、グランプリ1点、最優秀部門賞5点(各部門1点)、優秀作品賞25点(各部門5点)、JR東日本賞1点の合計32点が選出されます。

今回応募した『POLA Dots Train』は、2016年4月に新装した「顔エステ」のプロモーションも兼ね、ポーラ独自価値「Science. Art. Love.」を象徴するPOLA Dotsをベースに、笑顔をテーマにしたコピーを載せたポスターで列車の中を埋め尽くしたトレインジャックです。ポーラは「女性がいきいきと輝ける社会を応援」していますが、通勤の車内でこのポスターを見た人たちに元気になって欲しいという願いを込めました。
この『POLA Dots Train』は、「山手線にさわやかな風が吹いた」、「ポーラのイメージが変わった」と評価を受け、本年度審査作品1,818点の中から、栄誉あるグランプリに輝きました。

尚、受賞作品は、8月22日~8月23日(10:00~17:30)、サピアタワー ステーションコンファレンス東京5Fにて展示されます。また、「交通広告グランプリ」公式サイト(http://awards.jeki.co.jp/)内にてご覧いただけます。

関連コンテンツ

ページの先頭へ